園のこだわり

ピアニカ♪

2020.08.11

令和2年8月11日(火)  ☀晴れ

 

今日は朝から一段と暑さが増しています。

熱中症警戒アラートが発令されている通り、外で活動するには危険な暑さですね。

たま保育園内でも、水分補給や休息、室温調整等に努めて安全に過ごしていきたいと思います。

 

今日はたんぽぽ組のピアニカの様子をお伝えしようと思います。

少しずつ、ピアニカに触れられるような時間を設けています。

まず、子どもたちと一緒に音階(ど れ み)のシールを貼りました。

保育者が説明をしている時も、みんな真剣に聞いていましたよ。

シールは音によって色分けがされているので、子どもたちもすぐに理解をしていました。

  

 

実際に吹いて音を出してみると、音が出ることが嬉しかったようで笑顔を浮かべながら楽しんでいました♪

今まで、憧れの眼差しで見ていた ピアニカを吹いているんだ~ という誇らしさのようなものも感じました。

吹き終わった後は、水道でホースを洗い、ガーゼを使ってピアニカのつば抜きも行ないました。

まだまだ、子どもたちの手にとっては、大きなピアニカですが…

ゆっくり、丁寧に扱えるよう繰り返し伝えていこうと思います。

まずは、遊びながら音を出すことを楽しみ、演奏へと繋げていけたらと思っています。

 

 

~*~*~*~おまけ*~*~*~*

にじ組にて、黙々と絵本を読んでいる女の子を発見!!

とても集中していて、指で文字を追いながら読んでいるようでした。

少しずつ読めるひらがなが増えてきて、嬉しいようです♡

そんな姿が見られて、そっと見守りながらほっこりしました♡

 

投稿者:寺方

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

あわあわいっぱーい.。o○

2020.08.07

2020年8月7日(金) 晴れ☀

 

今日のばら組は、木陰で泡遊びを行いました!

普段、食事の前やトイレの後等手を洗う際に泡の石鹸をつけていますが、子どもたちは泡が大好きなようで水道が渋滞することも多々あります^^それなので、今日は泡で存分に遊べるよう用意をしました!

 

石鹸とネットを使い、ゴシゴシしていくとモコモコ泡が沢山でき、「わあ~!!」と驚いた子どもたちの目はすぐにキラキラした目に変わりました。ばら組の子どもたちも水を入れたタライにネットを使ってゴシゴシと挑戦!!夢中になって泡を作っていましたよ☆

手の平に泡を載のせると「泡がいっぱいだね~!」「ふわふわだね~」とお友だちと会話したり、笑いあう姿もありました。手のひらいっぱいの泡に息をフーっと吹きかけて飛ばしてみたりもしました。

今度は透明のカップに泡を入れて、食紅で色を付けると…

なんと皆大好きかき氷の完成♡!

早くシロップ(食紅)をかけてもらいたくて、泡を入れたカップを持って保育者の前で待っていました。

食紅は赤・緑・黄色の3色を使いましたが、色ではなく「レモンにする~!」や「イチゴがいい!」「メロンください!」等かき氷を買っている気分のようでしたよ♪

見た目はかき氷そっくりだったので、「おいしそ~♡」とつぶやきながら、泡でできたかき氷を見つめている子や指で“ちょん”と触っている子もいましたよ^^

泡が大好きな子どもたち。また泡を使いながら遊びが広げられるように遊びを提供し、様々な感触を楽しみ五感の刺激に繋がるような遊びを行っていきたいと思います。

 

投稿者:荒木

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

感触遊び♪

2020.08.06

8月6日(木) 晴れ☀

朝から日差しが強く暑い一日となりましたね。

水分補給をしたり休息を取りながら、元気に過ごしていきたいと思います。

 

今日は先日そらグループで行なった感触遊びの様子をお伝えします。

用意したのは様々な色の寒天です!

初めて見た子も多く「なにこれ?」「食べられるのかな?」と不思議そうな姿が、、、

触ってみると「つめたい!」「ぷるぷるしてる!」と興奮した様子でした!

 

容器から出し「どうぞー!」の声を聞くとすぐに、用意してあった型抜きで遊び始めました。

ハートや星、車や魚などそれぞれ自分な好きな型や色を選び、行なっていました。

厚みがあったこともあり、なかなかうまく型抜きできない子もいましたが、

うまく抜けると嬉しそうに見せてくれました♡

 

   

 

型抜きを楽しんだ後には、手で感触を楽しみました!

両手いっぱいに持ってからつぶしたり、机に置いて上からつぶしてみたり、

それぞれの方法で楽しんでいる様子でした。

型抜きしたものが大切でつぶさずに持っている子もいましたよ。

 

クリアカップを渡すとその中に複数の色の寒天を入れて混ぜ合わせる子もいれば、

一色の寒天をカップいっぱいに入れて型抜きを乗せてパフェをつくる子も・・♡

他にも色水を使いジュースづくりをしてみたり、最後までたっぷり楽しんでいました!

 

    

 

初めての寒天遊びでしたが様々な方法で楽しんでいた子どもたち。

遊んでいる中で変わっていく感触や色の変化にもすぐに気づいていました!

その気づきを大切に、共感しながら、さらに深めていきたいと思います。

 

投稿者:三苫

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

夏の風物詩

2020.08.05

8月5日(水) ☀

梅雨明けした8月。暑い日が続いてますね。エアコンなどの使用による寒暖差に気を付けながら、適度に汗をかきながら過ごしていきたいものです。

さて、「夏の風物詩」といえば・・・・ 今日はさくら組さんが、こんなテーマで絵をかいていました。

なかなか思いついた事を絵で表現するって、大人になると難しく思ったりしますよね。けれど、さくら組の子どもたちはみんな、思い思いに絵を書きすすめることができていたようです。書き終わったら、みんなの前で発表もしていたようですよ。ひとつひとつの絵にきちんと理由があって、その場で話を聞かせてもらうと、感心してしまいます。

 

夕方、保育室の中ではコーナー遊びを楽しんでいる子どもたち。

今日は、なんと大人気おままごとコーナーが、隣のブロックコーナーがお休みの為、エリア拡大して展開されていました。

あれ?ケータイでもしもししている子どもたちがいました。このような姿をみると、大人の事をよく見ているなぁと感心します。子どもたちの観察力には驚かされることがたくさんありますよね。さっき口にしたことを直ぐに真似されてしまったりすると、習得の速さにびっくりです。特に、興味関心がある事に関してはどんどん吸収していきますよね。

「まなぶ(学ぶ)」という言葉は、昔は「まねぶ」と言い、それは、「まね(真似)る」と同じ意味の言葉と言われてます。幼児は、見たり聞いたりするものを模倣し、模倣することで経験を身につけ、能力化していきます。

園生活の中でも、様々な経験を身につけられるようにしていきたいと考えています。

ぜひ、ご家庭でもおうちの人のここを見て、真似てほしいことなど、見せてあげてみてください。

 

おやおや、おままごとコーナーが広くなったことで、お寿司屋さんになっている男の子がいましたよ。

いろんな材料を集めて、トレイの上にきれいにならべて、落とさないようにそーっと歩いていましたよ。

試行錯誤して出来上がったお寿司は、今日の一番の大切な宝物ですね。

 

 

 

暑さ対策をしながら、元気にすごせるように、気をつけていきたいと思います。

 

~  投稿者  中山  ~

 

 

 

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

水遊び楽しいね!

2020.08.04

8月4日(火)☀

 

今日は日差しが強く、気温が高い1日となりましたね。

梅雨も明け、本格的に戸外で水遊びが行えるため、子どもたちも目を輝かせて楽しみにしています。

熱中症にならないよう日よけのためにテントを張り、その下で活動を行いました。

こまめな水分補給を行い、体調管理には十分に気を付けています。

 

さて、もも組さんの水遊びの様子をご紹介したいと思います。

戸外へ出る前に、各自持参してもらっているコップやマグで水分補給をしています。

朝の会・体操を行い、喉がカラカラになっているのか勢いよく飲んでいるお友だちもいます。

保育者が「お水のもうね~!」と声を掛けると一斉に周りに集まり、

座ってお水が配られるのを待っています。

飲み終わるとコップ入れのかごの中に片づけてくれます。

 

 

いよいよ戸外遊びの始まりです!

たらいに水を汲んだり、ミストを使って水遊びを行いました。

始めは透明だった水も、砂を入れることによって黒く染まっていきました。

泥水になると「あーあ。」と残念そうにしている子もいましたよ。

ジョウロや様々な容器を使って、たらいの中の水をすくって遊んでいました。

「冷たいね~」「気持ちいいね。」と声を掛けると、「冷たい!」と返してくれました。

裸足になり、砂や泥の感触も楽しんで満足そうにしていました。

今年度入園し、保育園での水遊びを初めて行う子も怖がることなく楽しそうに水に触れていましたよ。

ミストでも水を浴びて、顔にかかってしまっても全く平気なもも組さん。

手で水をたたいてバシャバシャとして全身びしょ濡れになっていました。

   

 

泥遊びを満喫した後は、体についた泥をシャワーで洗い流し、タオルで拭き取りました。

汗も一緒に流し、さっぱりとして気持ちよさそうな表情を浮かべていました。

引き続き感染症対策を行うとともに、熱中症対策も行っていきます。

晴れた日はなるべく戸外で水遊びを行い、感触遊びを楽しみたいと思います。

保育者も子どもたちと一緒に裸足になり、感触を共有しながら楽しんで保育を行っていきたいと思います。

                                    投稿者:佐々木

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

風船おばけをやっつけろ!!

2020.08.03

8月3日(月) 晴れ☼

 

梅雨も明け、青空が広がり、いよいよ「夏」到来ですね。

プール遊びはコロナの関係で出来ませんが、その分、8月は水遊びをたくさん楽しみたいと思います!

 

今日はつき組様子をお伝えしたいと思います。

朝、水鉄砲を用意していると

「先生、今日、水遊びするの?」

と子どもたちがニコニコで保育者に近づいてきました。

 

「そうだね。水鉄砲を使って水遊びするよ」と伝えると、大喜び♡

大騒ぎで他のお友達にも教えてあげていました(笑)

 

まずは遊ぶ前に着替えの準備です。

「どれがいいかなぁ~」

自分で考えながら選びます。このようなちょっとした積み重ねが、自立につながりますね。

 

  

 

次は洗剤の容器に水を入れます。キャップを閉めるのが難しそうです・・・。

 

 

いよいよおばけの前に到着です。いろんなおばけがいて、子どもたちはワクワクドキドキ。

 

 

 

おばけはトイレットペーパーの紙でぶら下がっています。

果たして水鉄砲でやっつけることは出来るでしょうか・・・。

子どもたちの笑顔をみてください☆

「無邪気」とはこういうことを言うのかもしれませんね。とても楽しそうです。

 

 

 

こちらの女の子は「コツ」をつかんだようです。おばけを集中的にやっつけていました(笑)

 

また、こちらの男の子はやっつけられて落ちたおばけに、更なる攻撃をしていましたよ。

 

おばけが大好きな子どもたち。終わった後は「おばけの絵本」を見て大満足です。

明日は今日とは違うおばけを作って、またまた楽しみたいと思います。

 

投稿者:松本

 

~おまけ~

先日、さくら組ではおばけきゅうりを使って、スタンプ遊びをしました。

水分が多いので絵の具をそのままつけてペタペタペタ・・・。「もう1回やりたい」と大盛況でした。

きゅうりでスタンプ、中々出来ない体験でした!

    

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

なんだろう?

2020.07.31

7月31日(金)雨のち曇り☁

早いもので7月も今日が最後ですね。

 

本日は乳児クラスの様子をお伝えします。

雨上がりの戸外から「みーんみーん」とセミの鳴き声が聞こえているなぁと思っていた今日この頃…

今朝、乳児クラスの自由遊び中に、幼児クラスの保育者が昨日見つけたセミの抜け殻を持ってきてくれました。

「見てみてー」と子どもたちに見せると、逃げていく子や不思議な様子で見つめる子等、様々な反応が見られましたよ!

 

 

初めは見ているだけだった子も、一人の女の子が触れる様子を見ると、”あ、大丈夫なんだ”、”怖くないんだ”ということが分かったのか触れることが出来ました。

 

  

 

ちょうど、セミが写っている絵本のコピーがばら組の壁に貼っているので、セミと抜け殻の話をしました。

頭の上に”?マーク”を浮かべながらも「セミさん見たいね!」と言っている子がいたので、戸外遊びの際に探してみたいと思います!

子どもたち一人一人の反応がとても可愛らしかったです☆

 

 

また、ばら組では最近簡単なゲーム遊びに挑戦しています。

リズムを感じ楽しんで参加することをテーマに、椅子取りゲームを行いました。

音楽に合わせて椅子の周りを歩いたり、音が止まったら椅子に座るという流れを説明しみんなでやってみると…

 

  

 

保育者の動きを見たり声掛けを聞いたりしながら、初めてのゲーム遊びを楽しんでいましたよ。

初めは、全員椅子に座れるようにしていましたが、慣れてきたので椅子を減らしてみました。

すると、「あれーお椅子がない!」と驚く子がいましたが、その後は友だちに「がんばって」と声援を送ってくれました。

今後も簡単なルールのある遊びによって、ばら組全体で楽しめるようにしていきたいと思います。

 

 

いよいよ明日から8月ですね。

さらに長い梅雨もようやく明けるようですので、太陽の日差しのもと思いっきり水遊びを楽しめるようにしていきたいと思います。

子どもたちが笑顔で水遊びをする様子を次回はお伝えできたらと考えています。

 

 投稿者:軽部

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

みーつけた♪

2020.07.30

7月30日(木) ☁

今日は戸外へ出ると、少し日差しを感じることが出来ました。

 

保育者から、「お外で遊びたいお友だち~♪」

「お外にいこう~♪」という声掛けを耳にするとすぐにカラー帽子に手が伸び、自分で頑張ってかぶってみようとする1歳児の子どもたち。

お友だちや自分のカラー帽子を取りに行こうとする0歳児の子どもたち。

それぞれが「早く遊びたいよ~」という気持ちを活動の準備の時間から見せてくれています。

 

戸外へ出ると、0歳児の子どもたちは友だちと刺激あっているようで、ここ最近、自分で歩けるようになった子が増えています。

   

 

保育者の手助けがなくても自分でよいしょ!と地面から立つことが出来るようになり、靴を履いての歩行も安定してきています。

ついこの間まではよいしょ!と壁や柱、保育者の手を伝い歩いていたのに…日々の成長は本当に素晴らしく、うれしい気持ちになります。

 

こちらの1歳児の男の子歌や踊りが大好きです。

朝の会や、リズム体操の時間には歌を口ずさみながら身体を動かして楽しんでいます。

今日は戸外へ出て植木鉢やプランターの花をみていました。

すると・・・

「あっ‼いた‼」

と驚いたような大きな声で指を差しながら教えてくれました。

 

 

保育者が駆け寄ると。

「ねぇ、ちょちょいた‼」

「ちょうちょ~ちょうちょ~」

と歌声が聞こえてきました。保育者も一緒に歌うと、

もう一度、「ちょうちょ~」

と両手をちょうちょのようにして歌い観察をしていました。

しばらく観ていると、

「あっ‼いっちゃった!」

隣のプランターにちょうちょが飛んでいく様子をしっかりと見つめていました。

 

 

「バイバーイ、またね~」と保育者が言うと、男の子も

「ばいばーい」と手を振りながら声を掛けていました。

言葉でのやりとりも日々増えてきている1歳児の子どもたち。

歌や踊り、遊びの中から自然と言葉でのやりとりを通して様々な言葉に触れ、

お話をする楽しさを感じてくれると良いなと思っています。

ご家庭でもかわいらしい、楽しいやりとりがありましたらぜひ教えてください♪

ご家庭でのエピソードも楽しみにしています。

 

また、今日は太陽の日差しを戸外へ出て感じることが出来たのは久しぶりだった子どもたち。

楽しく元気いっぱいに身体を動かしているとあっという間に汗をかいていました。

水分補給は戸外へ出る前、途中、保育室内に入った後と、こまめに摂ることが出来るようにしています。

梅雨明けまでもう少し。こまめな水分補給を清潔に保てるように汗を拭くなども丁寧に行なっていきたいと思います。

 

~おまけの一コマ~

戸外で遊んでいると、「せんせーい!!!!これみてー!!!かわいいのー!!」

と元気いっぱいに駆け寄ってきてくれたさくら組の子どもたち。

手に持っている容器の中を見てみると、

なんと色鮮やかな氷がみえました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンク、赤、青。形も様々でした。

少し暑くなった戸外では涼を感じることが出来て、色も鮮やか、形を見ているのもたのしい♪

そんな氷での遊びにウキウキしていましたよ*

「可愛い氷が出来たね~見せてくれてありがとう」と声を掛けると

「また作ったら見せてあげるね~♪」ととても素敵な表情で嬉しそうに幼児クラスへ戻っていきました。

子どもたちの嬉しそうな表情にこちらもとてもうれしなった場面でした。

ぜひ、今日のお話を聞いてみて下さいね♪

 

投稿者:石井

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

何ができるかな?

2020.07.29

7月29日(水)☁

中々梅雨が明けず、満足な戸外遊びもできない日が続いていますね。

活動も室内が多くなってしまいますが、子どもたちは元気いっぱい

取り組んでいます!

今日はほしグループの活動をお知らせします。

 

幼児クラスの畑に沢山なっているキュウリが大きくなりすぎてしまい、

お化けキュウリになってしまったので、収穫してスタンプ遊びを行いました。

様々な色の絵の具を用意し、“ぽんっ!ぽんっ!”と自由に押していきます。

すると子どもたちは、「お花の形に見えてきた~」「ミッキーみたい!」などと

色々な見え方が浮かんできたようです。

青色で画用紙の上のほうに押し、空の様子を表現したり、

丸をつないでライオンにするなど子どもたちの発想力は素晴らしいですね。

 

 

そこで、次回の異年齢活動の際には

スタンプを押した画用紙を見て、どんなものが見えてくるか考え

クレヨンで絵を足してみようと思います。

どんな作品が出来上がるか楽しみにしていてくださいね!

 

そして、もう一つ・・・

ほしグループの子どもたちに人気の粘土遊び!

 

 

 

こちらは、お団子を作った女の子と、宇宙人を作った男の子の作品です。

他にもケーキやキャラクター、細切りにしたキュウリなどを作る子もいましたよ。

 

子どもたちの発想や考えを形として表現し、見ることが出来るのは

私たちにとっても嬉しいことです。そんな子どもたちの表現力を

様々な形で見守れるような保育を今後も心掛けていきたいと思います。

                            投稿者:須藤

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

じーっと見守る

2020.07.28

はっきりとしないお天気が続きますね。気温や湿度にも注意しながら過ごす毎日です。

さて、今日はヨーヨー釣りのひとコマをご紹介させていただきます。

 

 

すみれ組の子どもたちがヨーヨー釣りをする時に、さくら組のお兄さん、お姉さんにサポートをしてもらうことにしました。手をつないで歩いてあげたり、「こっちだよ」などと優しく声をかけてくれたり、頼りになるさくら組さんだったのです。そして感心したのは、小さいすみれ組の子どもたちの目線まで腰を落として、目を合わせて話をしていた子どもたちが多かったことです。つい、頭の上から声をかけてしまうことがあるので、ハッと気づかされました。

 

写真の男の子たち。さくら組のお兄さんが、すみれ組さんが成功するのを楽しみに見てくれています。

つい、もどかしくなって「こうやるんだよ」と釣ってあげたくなることろですが、紐は1人1本しかありません。

さくら組のお兄さんは、すみれ組のお友達が釣れるまで、一緒にみてくれていました。我慢強いお兄さんです。おかげで釣れたすみれ組の男の子たちは、大満足!達成感でいっぱいです。とーっても集中してできていましたよ。

 

私たち大人は、子どもたちに対しても時には大人同士でも?、できなかったりしているのを見ると、ついやってしまいたくなる気持ちが出てしまいます。相手の成長を思えばこそ、口を出さず、見守ることの大切さを再認識させられた1枚の写真でした。

 

これからも、子どもたちと共に学びあい、育ちあいながら過ごしていきたいと思います。

~投稿者:中山~

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 204 205 206