園のこだわり

初めてのお店屋さんごっこ~もも組~

2019.02.15

昨日は、お店屋さんごっこが行われましたね。

各クラスのお店は、皆んな大繁盛だったようです。

 

もも組では、前日の13日にお買い物ごっこを楽しみました。

事前に作っておいたドーナツやパンを、幼児さんに手伝ってもらいながらお買い物しました。

たくさんのパンに目移りする子どもたちでしたが、「これがいい!」「ドーナツが欲しい」など、意思を持って選ぶ姿が印象的でしたよ。

お金を渡して、商品を受け取る…。

この流れは難しいところではありましたが、そこはさすが幼児のお兄さんお姉さん!

「お金、ひとつ(100円)ちょうだいね」

「はい、これどうぞ」

優しい言葉掛けをしてくれていました。

 

IMG_1145 DSCN2038 IMG_1149

 

ドーナツやパン、しゃぼん玉を買った子どもたち、

袋に入れてきた買ったものが気になって気になって…。

何度も袋を覗いて見ていましたよ。

お家に帰ってからも、「お店屋さんの続きをしました」というおたよりがあり、とても楽しめていたことが伺えました。

来年は、もっと楽しいお店屋さんごっこが出来るかな♡

楽しみですね!

 

*おまけ*

ままごと遊びが上手になってきました。

お皿にりんごを乗せて「はいどうぞ、りんごだよ」と進めてくれたり、

お友だちとコップを合わせて「かんぱ~い」と言ったり…。

友だちとの関わりを楽しんでいます。

IMG_1237 IMG_1242

     【投稿者 五十嵐 】

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

お店やさんごっこ♪

2019.02.14

今日は子どもたちが楽しみにしていたお店屋さんごっこがありました!

 

どんなお店がやりたいかを子どもたちから聞き、特に意見の多かった

クレープ・ケーキ屋さん、かき氷屋さん、ピザ屋さん、マクドナルド、ポップコーン屋さん、焼き鳥屋さん

6個のお店の中から一週間かけて、自分のやりたいお店を決めました。

 

お店が決まったら、次は品物作りです。

画用紙やお花紙、折り紙、割り箸、空き容器、ガムテープの芯などのたくさんの素材の中から、

何を使って作ろうか、どうしたらおいしく見えるのかを自分たちで考えて、品物を作りました(^^)

想像力が豊かで、保育者もびっくりするような品物を作る子もいましたよ!

まだうまく形にするのが難しいすみれ組の子たちも、さくら組やたんぽぽ組の作ったものを真似してやってみたり、作り方を教わりながらやってみたりしてとても楽しんでいました♡

 

  DSCN2021   DSCN2978

 

店員さんとお客さんに分かれてお買いものスタートです!

可愛いエプロンやサンバイザーを付けて店員さんになりきって

「いらっしゃいませ~!」「美味しいですよ~」とお客さんを呼び込んでいました。

お客さんになった子どもたちは限られたお金の中で何の品物を買おうか真剣に悩む子も・・・

お買い物を終えるとテーブルで友だちと一緒にお話ししながら食べる子もいましたよ♡

 

 DSCN9299   DSCN9291

 

お店屋さんごっこを通して、友だち同士で教え合ったり、年上の子の真似をしてみたりと周りの刺激を受ける姿が多く見られました。

その中で思いやりの気持ちが芽生えたり、想像する力が養われたりと、たくさんのことを学べたのではないかなと思います。

まだまだやりたいという子どもたちもたくさんいるので、廃材を使いながらこれからも楽しんでいきたいと思います!

 

投稿者:三苫

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

まねっこ。

2019.02.13

暦の上では立春をむかえましたが、寒かったり、暖かかったり、寒暖の差が大きな日が続きます。今日は太陽がでてきてくれたおかげで、ぽかぽかと暖かく感じました。

 

園庭では、今日も元気に子どもたちが遊んでいました。すると、三輪車にのってお友達と楽しそうに遊んでいたばら組の子どもたちが、いつの間にか幼児クラスが踊っている場所に集まっていました。

ばら組さん、幼児クラスのみんなが踊っている様子に興味津々。

しばらくじーっとみていると、あらら、いつの間にか真似をして踊り始めました。

 

DSCN9828 DSCN9832 DSCN9827

「まねる」ということは、模倣しながら人との関わりを深めていこうとする大切な学びであり、自立心の芽生えであるとも考えられています。

「まねる」ということは、「仲良くしたい」「あんな風に踊りたい」という憧れであったりもしています。経験の積み重ねからいつの日か、まねから自分らしさが出てくるようになります。

ばら組さんも、幼児クラスへの進級にむけて日々過ごしているところですが、今日のように遊びを通して、幼児クラスとの関わりが深まっていけるように、無理のないように過ごしていきたいと思います。

 

~一足先に~

明日の「お店屋さんごっこ」を前に、ゆったりした時間の中でごっこ遊びを楽しんでもらおうと、幼児クラスのお友達に協力してもらい、もも組さんのお店屋やさんごっこが行われました。お金をもって、お買いもの袋(マイバック)を持って、パン屋さんに買い物に出かけていました。

お金を渡す、商品を買う、袋に入れるを楽しんでいました。

IMG_1137

明日のお店屋さんは、どんなお店が登場するのか楽しみです。

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

お店屋さんごっこに向けて…

2019.02.12

もうすぐもも組のお店屋さんごっこ!!

その前に色々子どもたちと作り物をしましたよ♪

まずは、お財布です。

紙皿半分を半分に切り、画用紙を貼ってスズランテープを通しました。

ポケットのようなお財布に1人ずつシール貼りをしていきました。

1

シールがうまく剥がせず、保育者に差し出して手助けを求める子、

力いっぱい引っ張って剥がそうとする子、

剥がしたシールが指から取れずに困っている子もいました。

散らばせたり、重ねたりと思い思いにシールを貼りました!!

 

2

そして次は、お店屋さんの品物です。

もも組は、0歳児と1歳児が一緒にドーナツ屋さんとして

ドーナツの土台作りをしました。

新聞紙や茶色の折り紙をくしゃくしゃに丸めたり、

好きな大きさにちぎってみたり、

大きな新聞紙を渡すと顔が隠れて楽しかったようで

〝いないいないばぁ〟をして笑顔を見せてくれる子も居ましたよ!!

 

34

そしてお買い物もしてみました。

保育者がお店屋さんになり、

子どもたちは、ジェスチャーで『ちょうだい』をし、

最初は、保育者が袋に品物の玩具を入れていたのですが

それを見ていた子どもたちが自分たちで入れ始め、

ビニール袋を腕にぶら下げて笑顔で手を振り、

室内を歩き回っていましたよ♪

 

あそびの中で少しずつごっこあそびややりとりを行っています。

お店屋さんごっこ当日も幼児クラスのお友だちとの

関わりを楽しめるようにしていきたいと思います。

投稿者:松本

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

ブーム到来!?

2019.02.08

幼児クラスでは朝の会や帰りの会で「カレンダーマーチ」と言う歌をよく歌っています。

 

今年度の発表会ですみれ・たんぽぽ組が合唱で歌った歌でもあり、子ども達からも大人気!!

保護者のみなさまもご存知の方が多いかもしれません。

 

 

先日、カレンダーマーチが大好きな子どもたちと一緒に

カレンダーマーチに似ている“お誕生月仲間”というリズム遊びをしてみました。

 

“お誕生月仲間”は手をつないで輪になり、

DSCN2958

 

曲に合わせて1月生まれのお友だちから誕生月ごとに輪の真ん中に行き

回りながら好きな踊りをします。

DSCN2962  DSCN2967

 

 

 

自分の誕生月ではないときは大きな手拍子でお友だちを応援する・・・という流れになっており、

とても分かり易く、覚えやすいメロディーで

初めて遊んだ時から子どもたちは「面白い」「もう1回やりたい!!」と

とても楽しんでいる様子でした。

 

 

誕生月によっては1人で踊る子もいるのですが、

恥ずかしながらもニコニコ踊っており、とてもほほえましく感じます。

 

また、偶然ではありますが、保育者2人だけで踊る月があり

子どもたちが大爆笑した回もありました!!

 

最後は全員が真ん中に出てきて、

ダンスパーティーのように賑やかに踊ります。

 

自分の誕生月には照れながら踊っていた子たちも自然と笑みがこぼれる瞬間でもあります。

DSCN2970

 

 

 

 

幼児クラスになると自分の誕生月だけでなく、

お友だちや家族、保育者の誕生月にも興味を示し、

「お姉ちゃんは〇月生まれなんだよー。」と教えてくれたり

「〇〇先生は何月生まれ?」と聞きに来る子もたくさんいるんですよ!

 

 カレンダーマーチやお誕生月仲間は

自分やお友だちの誕生日を心待ちにしたり、期待感を持ったりするだけでなく、

数字や季節などへの興味関心が広がる歌や遊びなのではないかと感じています。

 

今後、保育参観などで保護者の皆様と

カレンダーマーチやお誕生月仲間を一緒にできたらな・・・と

楽しみが一つ増えました♪

 

もし、実現できた際は

お家の方にもぜひぜひご参加いただきたいなと期待しております♡

 

投稿者:深谷

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

みんなと一緒が楽しいね♪

2019.02.07

今朝、保育者が戸外へでると大迫力のしっぽとりゲームが

繰り広げられていました!!

数えてみると20人以上の幼児さんが集まっていました。

1 2 3

 

さくらさんを中心にたんぽぽさん、すみれさんも混ざり合いゲームを楽しんでいました。

鬼が二人いたり、帽子をとられないように木の陰に隠れてみたり

子ども同士の中でルールが決まっており、足が速い友だちに捕まらない工夫もしていました。

集団で遊ぶ楽しさを味わいながらも

「こうしたらこうなる」と予測をし、遊び方を工夫したり

大人数だからこそ鬼の人数を増やしたりと

臨機応変で遊ぶ子どもたちの姿を見て、『遊びの中で学ぶ』ということを

あらためて感じる瞬間でした。

 

ひらがなや数字、足し算、引き算と勉強面での学びももちろん必要ではありますが、

人との関わり方や感情を表現し、時にはコントロールする力等

生きていく上での土台作りもしっかりとしていきたいですね。

『遊び』から『学ぶ』ことができるような環境づくりや援助を

私たち保育者もしっかりと学んでいきたいと思います。

 

≪おまけ♡≫

ある日の寒い朝…

「さむーい」と言いながらも、保育者と子どもたちとくっつきあいながら

しっぽ取りゲームを楽しむ可愛い姿がありました♡

くっついてでも遊びたかったようです!笑

4

 

投稿者:池袋

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

パシャリ☆

2019.02.06

 今朝は雨が降り、寒い一日のスタートとなりましたね。

土曜日は雪が降るとか…(・・;)子どもたちにとっては朗報ですね!笑

 

雨の為、室内で過ごしていた幼児さん。

保育者が遊びの様子等をカメラで撮っていると自然とポーズをとっていました。

1

ブロックを使って作った鉄砲をかっこよくみせてくれたり、

可愛いポーズをしたり、変な顔をして笑わせてくれたり

楽しい撮影会が始まりました!(^^)

2 3

初めは保育者が撮っていたのですが「撮りたい!」と

カメラマンをチェンジしました。

子どもたちが撮った写真がこちら☆

4

なかなか上手に撮れていました(#^.^#)

撮り慣れているのか、カメラを持つ手も様になっていましたよ。

 

普段は可愛い姿や成長した姿を撮られる側の子どもたち。

たまには子どもたちがカメラマンに変身しても良いかもしれませんね♪

子どもならではの感性で素敵な写真が撮れるかも(*^^)?!

 

何がきっかけとなり将来の夢や仕事に繋がるのか

沢山の可能性を秘めた子どもたち!!

普段の生活の中でも角度を変え、違った体験ができると良いですね♪

 

投稿者:池袋

 

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

もも組です!

2019.02.05

昨日はとっても暖かく過ごしやすい日でしたが、今日は一転し寒さに背中が丸まりそうですね。

そんな中でも、もも組の子どもたちは元気いっぱいです!

 

最近のもも組の子どもたちは、年上の子や年下の子との関わりを楽しみ、積極的に触れ合い楽しんでいます!

特に幼児クラスのお友だちは、兄弟がいる子も多く、もも組の子をとても可愛がってくれます。兄弟関係なしに優しく接してくれる幼児さんに、安心して甘えている子どもたちです♫幼児さん、いつもありがとう!

 

02042

 

年下の子との関わりの際は、近くで保育者が見守り仲介したり、声を掛けるようにしています。顔を近づけたり、優しく触れてみたりと、年下のお友だちの反応を楽しんでいました!みんなの優しい姿にほっこりしますね。少しずつ、お兄さんお姉さんになってきていると感じる瞬間です。

 

02041  02045

 

異年齢の関わりによって、子どもたちの様々な成長が感じられました。今後も、行事や日々の活動の中で異年齢の関わりを大切にし、遊ぶ時間を設けていきたいと思います!

 

 

おまけ♪

今日、戸外に出る時に靴を履いていると「ゴロゴロゴロ~」と空から音が聞こえ、見上げるとヘリコプターが飛んでいました。いつも音が聞こえると遊びを止め、どこにいるのか探しています!そして発見すると、「バイバーイ」と手を振る子どもたちでした☆

 

02043

 

 

    投稿者:下川

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

春一番?!

2019.02.04

2月4日(月)

週初めの今日は、気温がぐっと上昇し、暖かい日中でしたね。

午後になると肌寒く…一日の中で気候の変化に身体がなかなかついていけません…。

世間ではインフルエンザが大流行ですが、たま保育園の子どもたち、週初めの今日も元気いっぱいです^^

 

先日、テレビで「カプラの」紹介をしている番組をみました。

たま保育園では「カプラ」が男の子、女の子どちらにも大人気です!!!

子どもたちの発想力はとても柔軟…ということで、さくら組の男の子たちが作っていた作品をご紹介したいと思います。

 

線路

トンネル…

 DSCN9193   DSCN9194  DSCN9195

 

様々な形が作り上げられていました。

このトンネルの先にはいったい何が見えてくるのでしょう???

 

さて、「カプラ」の木はどの木も均一で、すべて同じ形、長さです。

どのように組み立てて、表現するかはそれぞれの感性次第です*

 

同じ形を組み合わせてどのような物、形を作り出そう。

友だちと一緒に話し、考え、形にする。そして完成した達成感を味わい、共有する。

一つの遊びの中にも子どもたちの様々な気持ちの芽生えが出てくる。

遊びの中からの発見を今後も大切にしながら気持ちを共有し、楽しんでいきたいと思います。

 

 

投稿者:石井

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

「鬼は外、福は内。」

2019.02.01

今日2月1日、たま保育園では全園児ホールで節分の集いを行いました。

まず、ホールに集まって、節分のいわれの話しを保育者から聞きました。

 「誰にでも心の中に(泣き虫鬼、おこりんぼ鬼、意地悪鬼、なまけんぼ鬼、いやいや鬼等)

 色々な鬼がすんでいるかもしれないよ。」

と、 話しの中に鬼が出てくると、子どもたちの顔は(ドキッ!)真剣そのもの(*_*)

 

 DSCN1886

  そこで災いや心の中の鬼を追い払うため、まず豆まきの練習を兼ねて鬼顔の箱めがけ

豆入れゲームをしました。

♪鬼のパンツ♪の曲にのって「そーれ!」

始めに もも0・もも1対ばら組戦、 次にたんぽぽ組対すみれ組戦

最後はさくら組男の子対さくら組女の子戦

さあ、勝敗はどちらでしょう?結果はお子さんに聞いてみて下さいね。

 

 DSCN1935

 

 

そして、みんなで♪豆まき♪の歌を歌い終わると、♪春がきた♪の曲と共になんと…

福の神が現れました。♡ 福の神の正体は?そう、園長先生です。

「心の鬼がいなくなって、みんなやさしい すてきな子になれますように!」そう願いながら

一人ずつ頭をなでていただきました。

「早く私の番がこないかな…」みんなの心はときめいていましたよ。

 

 DSCN0356

 

さあ、今度は各クラス手作りの枡を持って、テラスからの豆まきです。

鬼役はさくら組さんです。自分で作った鬼のお面がさまになっていますね。

 

DSCN0382

 

 

 

 

それにさくら組担任も鬼役に加わりました。

園庭に鬼さんたちが現れると「鬼は外、福は内。」

みんな一斉に豆まきが始まりました。風がとても冷たかったのですが、

小さいもも組さんも一生懸命 鬼めがけ豆(もも組は殻つき落花生)を

投げていましたよ。

 

                DSCN0395

 

     昔から伝わる日本の行事には、それぞれ後世に伝えようとする大切な思いがあります。

ただ、豆まきのイベントを済ますだけでなく、一人ひとりでは解決出来ないことを、みんなが一緒に

力を合わせて立ち向かう。そんな意味が込められた節分という行事を子どもたちなりに少しでも

理解してくれれば…と願います。

たま保育園の園児・保護者の各ご家庭にも、どうか福が訪れますように!

 

PS:今日のたま保育園の節分にちなんだ給食です。再び鬼を見て (*_*) ビックリだったかな?

DSCN1944

 

       投稿者:山口

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 173 174 175

たま保育園 トップページ > 社会福祉法人芳香会 > たま保育園 - 園のこだわり